お住まいの市役所で「要介護認定」を受けます。介護サービスを利用するためには要介護認定を受けることが必要です。介護保険の認定申請をしますと調査員による訪問調査とかかりつけ医の意見書をもとに市町村で調査され、要介護認定区分(要介護度)が通知されます。要介護度によって利用できるサービスの種類、内容、一割の自己負担額などが異なります。介護サービス計画書(ケアプラン)の作成等を行います。要介護認定を受けると、訪問や通所など、様々な介護サービスが利用できます。まず、介護支援専門員(ケアマネージャー)との居宅サービス計画書(ケアプラン)作りから始まります。利用者の生活の安心と、自立した暮らしが出来るように、一人ひとりに適切なサービス利用のケアプランを担当のケアマネージャーが利用者と一緒に作成します。

社会全体で高齢者の介護を支える仕組みとして2000(平成12)年4月に創設されました。
急速な高齢化を見据えて、介護保険制度の基本理念である高齢者の
「自立支援」と「尊厳保持」を基本としつつ、介護予防も重視した仕組みと制度になっています。介護保険制度は、高齢者の介護費用を、国・地方自治体と国民がそれぞれ負担します。原則として40歳以上の方は、すべて加入を義務づけられています。

介護保険って何?